BLOG

“社内プレゼンセミナー”

2020年2月9日

中野です。

今年から

社内プレゼンセミナー

というものをやっています。

自分の好きなものや得意なことをテーマにセミナーをするという内容です。

・どうやったら相手に伝わるかな?

・自分の知識が合っているかもう一回調べてみよう

・ウイッグを作ってみんなに展示しよう

・資料用意した方がわかりやすいから資料作りをしよう

etc…

人前で話すまでにはたくさんの時間と熱量が必要です。

セミナーというものは受けるよりやる方が成長になるので。


そして僕は今回

カットのスピードアップセミナー

をやりました。

まずは理論から。

僕は仕事が出来る人というのは仕事が早い人だと思っています。

・メールの返信が早い

・提出物が早い

・レスポンスが早い

早い事にデメリットはないと思っています。

そして早い人は信頼・信用に繋がります。

美容室においてスピードが遅いというのはそもそもヘアスタイルのゴールが明確ではないという事になると思います。

美容師の仕事はハサミを握ることではなく、カウンセリングです。

カウンセリングでゴールが決まっていればカットの仕方もカラーの仕方も迷いがなく作業としてこなすだけになるんです。

ここ切って大丈夫かな?

まだ長いかな?

など、考えながら切ると遅くなりますよね。

話をすると手が止まる場合もそうです。

カリスマ美容師と言われている方で

遅い人は存在しません。

1日30人も切るのに遅くていいわけがないのです。

スピードは

意識さえしていれば簡単に早くなります。

僕の前の会社は

月曜日までに提出してと言われていた提出物を月曜日に出すと叱られました。

レスポンスが遅いと。

月曜日に出せと言われたものを月曜日に出すやつに仕事は頼めないと。

早いに能力は関係ありません。

面倒だなーとか

後でやろうとか

考えずに今やればいいだけです。

内容など二の次です。

早くやれば訂正してもらっていい内容にする事も可能だからです。

朝早く練習してるのと

夜遅く練習してるのは

どちらが凄いなと感じますか??

朝早い方が感心すると思われた方が多いと思います。

大多数が夜遅い方が朝早く起きるより

“ラク”だと思い込んでるからです。

僕は美容師としてももちろんですが、

例えウチのお店を辞めて違う仕事をしたとしても活きる教育をしたいと思って接しています。

カットだけではなく、

早いというのは評価に繋がります。

行動は21日間続けると習慣化されると言われています。

21日間意識していると顕在意識から潜在意識に変わるので意識せずとも早くなります。

僕も何かを続ける時、21日間というのを一つの目標としています。

まだまだ甘いですがね。。。

粛々と頑張ります。

では!