Now Loading...

BLOG

【アルカリ除去】ってとても大事なんです!

2018年2月17日

サキです(^^)

突然ですが・・・

みなさんアルカリ除去ってご存知ですか?

きっと知らない方が大半なのではないかな、と思います!

  • カラー、パーマ後のパサつきが気になる
  • カラー、パーマ後の臭いが気になる
  • カラーの色持ちが悪い

等々、こんな悩みがある方は【残留アルカリ】が原因かもしれません( ゚д゚)

残留アルカリって?

そもそも、弱酸性の髪に対して、一般的なカラーやパーマは基本的にアルカリ性です。

アルカリに傾くと髪はダメージを受けやすいですし、髪の中の栄養成分やカラーの染料も抜けやすくなります。

残留アルカリとは、カラーやパーマをする事で髪の中にアルカリが残っている状態をいいます。

そしてこれをしっかり除去しなければ、傷みやすい状態は1〜2ヶ月ほど続くと言われています!

髪が知らないうちにパサついていくなんて、とっても損、ですよね(/ _ ; )

そこで登場するのが!

バッファー剤といわれるアルカリ除去剤です!!

健康な髪は弱酸性!!

なので、後処理としてバッファー剤を使用し、アルカリに傾いた髪をいかに早く弱酸性に近づけるか、という事が大切になってきますp(^_^)q

RAGCIEでは綺麗が少しでも長持ちするよう、こういった後処理もしっかりしていきます!

カラーやパーマの後にシャンプー台でつけるだけで、髪の毛を健康な弱酸性の状態に近づけてくれます!

そうすることでキューティクルを穏やかに閉じ、カラーやパーマ後のダメージ進行を抑えてくれますよ(^_^)!

トップ

Copyright (C) ragcie All rights reserved.